アール cafe&bar R (町田)

2020年2月5日に第二部(午前3時~午後3時)がオープン、その翌日に第一部(20時から午前3時)がオープンした、出来たてほやほやの(←この言葉、10年ぶりに使ったなぁ(^^;))お店です。第一部と第二部では運営管理している人が違いますが、女性スタッフの募集/採用は同じでローテーションされているようです。最近良くある、同一の店舗を時間分けして別々の人が運営する手法とほぼ同じだと思います。焼肉「いくどん」系列(?)のオーナーが、このサイトでも以前ご紹介した「アナログ」というバーを居抜きで買い取って始められたとのことでした。ですので、店舗の内装は、アナログの時とほぼ同じです。高級オーディオはさすがに持って行かれたようですが・・・。あ、異なるのは、ダーツマシンを導入された事ですかね。そう言えば、以前、アナログで飲んでた時、マスターが「一番高い金額で買い取ってくれる人に売る」と言われていたので、そう言う事だったんでしょうねぇ。

第二部は、ガールズバーです。1時間飲み放題・歌い放題で1980円(+tax10%)という、町田では破格のリーズナブルな料金設定のGバーです。ただ、「草木も眠る丑三つ時」と言われる真夜中が営業開始時間という点が普通のお店とは異なりますが。ダーツは、1セットプレイが100円だそうです。又、女性スタッフへの1杯は1,000円です。

もう一つ、通常のガールズバーと微妙に異なるのは、ダイニングバーみたいに、ママ(←このガールズバーでは、所謂「ママ」に当たる方がおられます)が家庭料理を食べさせてくれる点です。個人的には、メニューにある「炊き込みご飯おにぎり(600円)」などがお勧めです。下のメニューには載ってませんが、写真のなめこのお味噌汁は、300円にしようかな?とか言われてましたね。「しようかな?」という言葉で分かる通り、このお店はまだ出来て間もないので、試行錯誤の事が多いんですね。ママ曰く「これから、色々整えていく」と言われてました。又、「単なるガールズバーではなくて、もっと家庭的で暖かいお店にできるとイイな」、とも(^_^)

第一部では、男性のマスターがカウンターに立っておられるので、ガールズバーとは言えないと思います。じゃあ、どういう種類のお店なんだ?と言われると答えに窮してしまいますが・・・。もう少し、ボトルを揃えて、マスターが色々な種類のカクテルをシェイクするようになれば、Barと言えるようになるのでは?と思います。まぁ、第一部も過渡期なんでしょうねぇ。あ、第一部で注意しなくちゃいけないのは、隣の焼き鳥屋さんとの関係もあって、カラオケの音量を凄く小さく絞られている点です。殆どアカペラで唄っているのに近いです(^^;) カラオケをしたい方は、第二部に行かれた方が無難だと思いますよ(^o^)b

それにしても、第二部のママは、お店は年中無休なので、週7日勤務で1日12時間労働です。ママに、働き方改革がやってくるのはいつの日なのでしょうか・・・。

住所: 東京都 町田市原町田6-26-19町田第一ビル2階

濃い目のお味噌汁、お酒の後だからかもしれませんが、とっても美味しかったです(=´∇`=)